お知らせ

子どもでも歯周病(歯肉炎)になるってホント?

2020.8.31

こんにちは。
「医療法人社団歯友会 赤羽歯科 上尾診療所」の歯科衛生士 原、桑野、濱田です。
今回は<子どもの歯周病(歯肉炎)>について記述します。

現在の日本の子どもたちの4割が歯周病(歯肉炎)といわれています。
むし歯は痛みがでたり、歯が黒くなっていたりと気づきやすい症状が多いですが、歯周病(歯肉炎)は痛みがなく見た目の変化も少ないため気づきにくい病気です。
お子さまのお口の中はいかがでしょうか?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

歯肉炎とは…

歯周病の前段階の状態で、歯茎が赤くなり、歯と歯の間の歯茎が丸みを帯びたように腫れ、歯ブラシなどの刺激でも出血してしまう状態です。
この状態を放置してしまうことで歯周病へと発展してしまいます。

それに対して健康な歯茎は、歯と歯の間が三角に引き締まっており、サーモンピンク色になっています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<歯周病(歯肉炎)の主な原因>

① プラーク(歯垢)
プラークとは…食べカスと思われがちですが、細菌の塊です。
② 口呼吸
口の中が乾燥し唾液が減ることで、細菌の活動が活発になります。
③ 歯並び
重なり合った歯や、永久歯への生え変わり時期。

永久歯への生え変わりの時期は、抜けそうな乳歯や生え始めた背の低い永久歯があるため、歯ブラシが当たりにくくなり歯肉炎になりやすいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

上記のように歯肉炎の原因は色々とありますが、1番の要因はプラーク(歯垢)です。

<注意して磨いて欲しいポイント>

・ 歯と歯の間
歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れは最大で6割しかとれないと言われています。
残りの4割の汚れはデンタルフロス(糸ようじ)を使わなければとれません。
1日1回デンタルフロスを使う習慣をつけましょう!

・ 歯の裏側
歯の表側は良く見える(磨きやすい)のですが、裏側は歯ブラシが当たりにくいため汚れが残りがちです。

・ 歯と歯茎の境目
歯磨きをするときは、歯茎にも毛先が当たるように歯ブラシを当てましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<歯ブラシと歯磨き粉を使い始めるタイミング>

一般的に乳歯の生え始めには個人差がありますが、生後6ヶ月から9ヶ月頃に下の前歯から生え始めます。
歯ブラシは1本目の歯が生えたら使い始めましょう。

歯磨き粉には、むし歯を予防することができるフッ素が配合されています。
生えたての歯はフッ素を取り込みやすいので、出来れば歯磨き粉を使用したほうが良いですが、うがいが出来るようになる3歳頃が使い始めの目安となります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

当法人ではお子さんのお口の健康管理を目的に、ご家族全員がより日ごろのケアに関心を持つための活動として「かばさんクラブ」を実施しています。ご家族のみんなが参加してお口のケア習慣を身につけるという、画期的な活動です。かばさんクラブに入会されたお子さんやそのご家族にはさまざまな特典を用意しております。

『特典1.かばさん手帳』
かばさんクラブ会員オリジナル手帳を配布します。お口の状況を健康に保つためのアドバイスが満載で、お子さんの成長の記録としても活用できる優れた手帳です。
 

『特典2.定期検診月のお知らせ』
かばさんクラブでは3ヶ月に一度の定期検診をはがきでお知らせしています。検診月にはおハガキが届きます。

『特典3.定期検診でプレゼント』
かばさんクラブに入会後、3ヶ月ごとの定期検診を4回受けていただくと、歯の健康に役立つ素敵なプレゼントを差し上げます。定期検診を欠かさずに受診しましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

子どもの歯肉炎は、永久歯列になった時に将来歯周病に移行することが考えられますので、予防をこの時期にしっかり行っておくことが大切です。
上手に歯を磨くとともに定期的に検診を受けることをお勧めします。