セラミック治療

銀歯を白く綺麗な見た目の歯に
~セラミック治療~

虫歯治療における銀歯は以前までは当たり前でした。しかし、歯の機能性だけでなく審美性にも注目が集まる現在では、銀歯をセラミック素材に取り替える人が増えています。赤羽歯科「上尾診療所」では虫歯治療においてセラミック治療をおすすめしています。当院には、法人内に歯科技工所があり、そこでセラミックに関しても専門の歯科技工士が補綴物を製作。見た目が白く綺麗で、さらに精度の高いセラミックを提供します。

セラミック治療とは?

天然歯のような透明感があり、白くて自然に見えるセラミック素材を使って虫歯などで溶けたり削ったりした歯質部分を補うのがセラミック治療です。銀歯で治療を行うとお口の中で目立つうえ、経年によって「歯ぐきが黒ずむ」「金属アレルギーを発症する」などの症状の心配もあります。

一方で、セラミック治療なら、見た目が自然で治療していることに気づかれにくいうえ、お口の中で安定した素材なので変色や金属アレルギーの発症の心配がありません。また表面が滑らかで歯垢などの汚れが付着しにくいため、セラミック治療を行った部位周辺の虫歯や歯周病の発症のリスクを抑えます。白く綺麗なセラミックを入れることで、口元を気にせず、思いっきりの笑顔になるはずです。

患者さんに合わせた治療を
ご提供します

綺麗な歯や歯並びは笑顔を引き立てます。そして口元の美しさは見た目の印象を左右し、若々しさや清潔感につながります。しかし、ただ歯を白くするだけでなく、お口の健康につながるように歯並びや噛み合わせを考慮することが大切です。

また、患者さんのご要望をじっくり伺い、治療素材や治療費用、治療期間を提示し、ご納得いただくことも欠かせません。そのためにセラミック治療を行う際には、カウンセリングを特に丁寧に行います。セラミックは生体親和性が高くお口の中で安心して使える素材で、さらにさまざまな種類があります。その中で一人一人の患者さんに合う治療計画を立案しています。

歯科技工士との連携で実現する
高品質なセラミック治療

患者さんの歯を治療するのは歯科医師ですが、装着する詰め物や被せ物、入れ歯などをつくるのは歯科技工士の仕事です。そのため、歯科の診療現場と作製現場の連携が取れていることが、質の高い技工物の作製、ひいては精密治療につながります。

赤羽歯科「上尾診療所」の母体である医療法人社団 歯友会では、法人内に歯科技工所を併設。そのため、歯科医師と歯科技工士の連携や交流が盛んです。歯科技工所では、セラミック素材を扱う技工物に特化したセラミック課の歯科技工士が対応。豊富な経験と、微妙な色調や透明感の再現に欠かせないセンスを活かし、オーダーメイドで美しく自然な色や形の人工歯を作製します。

セラミック治療メニュー

e-max

二ケイ酸リチウムガラスという強度と審美性を兼ね備えた素材を主成分とした被せ物です。非常に透明感があるため、天然歯にも負けない綺麗な色調が再現できます。また、強度が高いうえに天然歯に近い摩耗性があるため、噛み合う歯に優しい被せ物です。

メタルボンド

ゴールドをベースにした合金をすべてセラミックで覆った被せ物です。表面はすべてセラミックなので前装タイプと比べて審美性の高い被せ物です。透明感は、すべてセラミック素材を使用したオールセラミックにはやや劣ります。

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した、すべてセラミックの被せ物です。金属と同じくらいの強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しないため、光の透過性があり、審美性が極めて高い被せ物でもあります。

ラミネートベニア

歯の表面にセラミックを接着する治療です。表側だけを削るので、他の被せ物に比べて歯を削る量が少なくてすみ、審美的にも優れた治療方法です。