入れ歯治療

歯を失った際の補綴治療の代表格
~入れ歯治療~

歯を失った際に行う補綴治療の代表格が、多くの方がご存知の治療である入れ歯です。赤羽歯科「上尾診療所」では、単に噛む機能を補うだけではなく、噛み心地や素材にもこだわった入れ歯治療の提案を行っています。当院の母体となる法人グループ内には歯科技工所があるため、所属する歯科技工士と連携することでより精密な入れ歯を提供できています。入れ歯のあまり良くないイメージを払しょくし、噛めて見た目も良い入れ歯を手に入れましょう。

入れ歯治療をお考えの方へ

特にご高齢の方で入れ歯を使用している方はたくさんいますが、「外れやすい」「装着感が悪い」「見た目が不自然」「うまく噛めない」「硬い物が食べられない」などのお悩みをお持ちの方も多いようです。しかし、医療技術や素材の進歩により、近年はさまざまな自費診療の入れ歯の選択肢があります。そのため、使い心地や自然な見た目にこだわった、快適に使用できる入れ歯を手に入れることもできるようになりました。

もっとも大切なのは患者さんに合う入れ歯をつくること。そのためにはお口の中の状況に合わせるとともに、お話をじっくり伺いご要望を把握しなければなりません。入れ歯治療をお考えの方は、まずはお気軽に当院にご相談ください。

快適に入れ歯を
ご利用いただけるように

基本的に、お口にぴったり合っていて、噛み合わせのバランスが取れていれば、入れ歯は快適に使用できます。ただ、口腔内環境は時間とともに変化するので、お口の状況に合わせて定期的な修理や調整が欠かせません。

当院では保険・自費診療を問わず、患者さんのニーズに合わせた入れ歯治療を提供します。お口にぴったり合うように歯や歯ぐき、頬との境目やお口周りの筋肉の動きを考慮してお口の中の型を採ります。そして噛み合わせを整えて快適に使用できるように作製。当院の母体である医療法人社団 歯友会では法人内に歯科技工所を併設しており、入れ歯を専門に作製する歯科技工士が在籍しています。歯科技工士と担当する歯科医師が密に連携を取ることで、高品質な入れ歯治療の提供を実現できています。

保険診療と自費診療の
入れ歯の違い

保険診療と自費診療の違いは治療費用だけではありません。保険診療の入れ歯は、全国どこでも同じ材料を使い、同じ製法でつくられます。そして治療費用の負担が一部だけで済むので比較的安価に、そして比較的簡単に治療を受けられます。しかし、治療範囲や素材が保険適用内に限定されてしまうことには注意すべきでしょう。

入れ歯の種類

金属床義歯

歯肉に当たる床の部分が、金属(ゴールド、コバルト、チタン)でできた入れ歯です。薄くて軽いため装着感が良く、食べ物の温度を実感できます。また、耐久性が高く、衛生的な点も特長です。

コーヌステレスコープ義歯

支えとなる歯に内冠を被せ、義歯の内側にある外冠と組み合わせることで装着する義歯です。内冠と外冠を合わせた際の摩擦力によってお口の中を固定します。まるで茶筒のように引っかかりがあるわけではないのにしっかり密着する原理と同様で、お口の中でしっかり義歯を固定することができます。外見的にも機能的にも非常に優れた義歯です。

マグネット式義歯

重度化した虫歯によって根元しか残っていない歯根に対して支えとなる金属(キーパー)を入れ、セットした小さいマグネット(磁石)によって固定させるタイプの義歯です。強力な磁力によって張りついているので義歯がガタついたり、ズレたりする心配が少なくすみます。磁力の強さは調節できるので、部分義歯だけでなく総義歯にも適用できます。また、装着・取り外しも簡単でお手入れもしやすい点も特徴です。

ノンクスプデンチャー

他の部分床のように周りの歯に義歯を安定させるための金属のバネを使用しない義歯です。審美性に優れています。

入れ歯のメンテナンス

毎日の口腔内のセルフケアが欠かせないように、入れ歯も日々のメンテナンスで清潔に保つことが大切です。食事の後は、流水ですすいで汚れを落としましょう。こびりついている汚れは入れ歯専用のブラシでやさしく落としてください。この際に気をつけていただきたいのは、歯みがき粉を使用しないこと。歯みがき粉には研磨剤が含まれていますので、入れ歯に目に見えないような細かい傷がつき、汚れが付着しやすくなってしまいます。

また就寝前には入れ歯を外し、綺麗にして水に浸けてください。50度くらいの温かいお湯に入れ歯洗浄剤を入れ発泡させてから入れ歯を浸すのもおすすめです。洗浄後は、水でよくすすいでから装着しましょう。