お知らせ

歯を抜く前に

2021.4.06

こんにちは。

「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 上尾診療所」歯科医師の立川です。

今回は歯がない場合の治療法について記述します。

 

皆さんは歯医者に行ったとき、「抜歯が必要です。」と言われ、その後の治療法も決まらないまま抜歯されたことはありませんか?

そこで今回は歯がない場合の治療法やそれぞれの利点・欠点ついて説明させて頂きます。

 

【歯がない人が治療法を決める前に知っておくべきこと】

  • 歯が抜けた状態で放置するリスク

歯が抜けたまま放置すると4つの悪影響が起こりえます。

⑴口全体への悪影響

→かみ合わせや歯並びが悪くなり、健康な他の歯も崩壊していきます。

⑵身体への悪影響

→歯の本数が減ってくると、食べられる食材が減っていき、発音もしづらくなります。

また口臭がひどくなり、認知症のリスクも高まります。

⑶見た目への悪影響

→歯ぐきの位置が下がり、老け顔になりやすくなります。

⑷金銭的な悪影響

→他の健康な歯も崩壊していくので、治療費も増えていきます。

  • 歯を抜く前に治療法を決める

先にどんな治療法にするか決めておけば、歯を抜く段階から今後を見据えた治療が行え

ます。

例えば、インプラント治療にする場合

→抜歯時にインプラントを入れたり、骨移植が行えたりします。

  • どの治療法であってもメインテナンスは必要

どんなに良い歯を入れても定期的にメインテナンスを受けなければダメになっていきます。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

【歯がない場合の代表的な3つの治療法】

  • ブリッジ

<利点>

・予算的にインプラント治療が難しい場合

・外科手術を受けたくない場合

・治療期間を短くしたい場合

・固定性の人工歯を希望している場合

<欠点>

・隣接した歯を大きく削る必要がある

・土台の歯に負担がかかり、歯が割れやすい

・土台の歯の状態が悪いと、適応しにくい

  • 入れ歯

<利点>

・抜けた歯の本数が多い方

・健康な歯を削りたくない方

・外科手術を受けたくない方

<欠点>

・違和感が大きく慣れるまでに時間がかかる

・硬いものを噛みにくい

・お口の変化に合わせて調整が必要

・保険適応のものは見た目が良くない

・部分入れ歯はバネが他の歯への負担になる

・入れ歯が大きいと発音しにくい

  • インプラント

<利点>

・違和感なく食事を楽しめる

・健康な歯に負担をかけない

・自然で美しい口元を維持できる

・固定性の人工歯を希望している方

<欠点>

・外科手術が必要

・治療期間が長い

・治療費が高額になる

 

以上で、歯がない場合の治療法の説明を終わります。

読んでみたけど、正直よく分からなかったという方がいらっしゃいましたら、些細なことでも構いませんので、ぜひご相談ください。お待ちしております。

 

「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 上尾診療所」